いざ!雪の大谷観光へ

今朝は早めに出発できるよう早めに起きて朝食を済ませて宿を後にする。今日も良すぎるくらいのいい天気。

今日も快晴!

今日も快晴!


昨日電鉄立山駅へ到着したときはそんなに人が居なかったのに今朝は駅が人で溢れかえっていた。
一体彼らはどこから現れたんだ?アジア系の外国人観光客やら遠足らしい学生さんやらで賑やかだ。
電鉄立山駅前

電鉄立山駅前

9:10発のケーブルカーで美女平まで行きそこからバスで室堂で下車します。

ケーブルカー+バスの往復チケット。

ケーブルカー+バスの往復チケット。

今回は雪の大谷を見たらここ立山に戻るルートなので大きな荷物は売店に預かってもらった。


大きな荷物は預かってくれる。防寒グッズも売ってる。

大きな荷物は預かってくれる。防寒グッズも売ってる。


雪の大谷は標高2390mで平地との気温差がマイナス10℃だというので用意してきたニット、ダウンコート、ニット帽子、手袋、トレッキングシューズ、それから雪焼け防止に日焼け止め、サングラスを身に着けてケーブルカーへ。
お揃いのトレッキングシューズ。

お揃いのトレッキングシューズ。

ガチなトレッキングはしないけど雪の上を歩くためトレッキングシューズは用意した。スニーカーでも裏がごつごつして滑りにくいものを履いていくのがおすすめです。

ケーブルカー立山駅

ケーブルカー立山駅

ホームはすでに人でごった返していた。スキー板や大きな荷物はけん引してる荷台に乗せる。
ケーブルカーが到着すると我れよ我よと人が乗り込む。弾き飛ばされそうな勢い。

ケーブルカー乗車の様子

ケーブルカー乗車の様子

ケーブルカー車内の様子。混雑してます。

ケーブルカー車内の様子。混雑してます。

平日でこの混みようですから土日に行こうとしてる方は覚悟が必要ですね。
7分の乗車で美女平に到着。

美女平駅

美女平駅


環境に優しいハイブリッドバスに乗り換え山道を進んでいくと次第に雪深くなっていく。バスに乗車している間、景観がきれいなスポットでゆっくり走行してくれたり説明をしてくれたので50分近いバスの乗車も楽しいものだった。
バスからの眺め。なんという滝だったかな?

バスからの眺め。なんという滝だったかな?

さてさて、バスは室堂へ到着!

雪の大谷を歩く。

雪の大谷を歩く。

天気もよく大きな白い壁でまぶしい!そのせいかそんなに寒さは感じないけど只今の気温0℃!!


気温0℃だって!

気温0℃だって!

どこまで行っても高さ19mの雪の壁が続く。ほんとに綺麗だし感動ものです!雪の壁に落書き?がしてある。記念なのかな?

落書き。いいのかなぁ?

落書き。いいのかなぁ?


どこまで行っても雪の壁が続く・・・。空も青い。

どこまで行っても雪の壁が続く・・・。空も青い。

・・・なんだそうです。

・・・なんだそうです。

へ~大変ですねぇ。

へ~大変ですねぇ。

雪の壁を存分に満喫したので室堂を散策してみた。こちらは除雪してないので雪道。トレッキングシューズの出番です・・・。
通りすがりのハイカーが奥に雷鳥いましたよと教えてくれたので探しに。

いました!雷鳥。完全に保護色ですね。

いました!雷鳥。完全に保護色ですね。

教えてもらわなかったら完全にスルーだったと思います。山の男は優しいですなぁ。お天気にも恵まれて天然記念物の雷鳥にも会えるなんて
なんてラッキーなんでしょう♪来れてよかったー!

立山三山

立山三山

雪に埋もれてるみくりが池

雪に埋もれてるみくりが池

4月下旬に雪に触れることができるとは!

4月下旬に雪に触れることができるとは!

これでもかってな位、雪と雪の壁を満喫したのでランチ休憩です。

白エビのかき揚げ丼

白エビのかき揚げ丼

食堂から駐車場の眺め

食堂から駐車場の眺め

雪の大谷に向かうバスとすれ違う

雪の大谷に向かうバスとすれ違う

この先まだまだ旅は続くので名残惜しいですが、立山に引き返します。後から続々と雪の大谷へ向かうバスとすれ違います。早い時間に出かけておいてよかった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 京都へは修学旅行を含めて何度か訪れてはいるけれど、秋の紅葉のシーズンには一度もなかったので毎年CMを…
  2. 久能山東照宮の後は、こちららも徳川家康ゆかりの駿府城へやってきました。 静岡駅周辺は大きなビル…
  3. 昨晩はうとろシリエトクという道の駅に泊って、今日はちょっと早起きしてこれから知床半島クルーズへ行きま…

カテゴリー

おすすめ記事2

  1. もう何年も前から沖縄へ来たら絶対行こうと思っていた夢が実現する時がやってきた。 ワクワクする気…
  2. 群馬に住んでいる友達に会うため一泊二日の群馬の旅です。 これまで群馬には何度も来ているので王道…
  3. 北海道でやりたいことの一つだった牛の乳しぼり体験。北海道の中でも酪農が盛んな地域 十勝で夢が叶います…

おすすめ記事3

  1. キャンピングカー旅 第二弾は西日本1周の旅。 とりあえす静岡県からスタートです。 春先に…
  2. 静岡県に住んでいながら静岡県のことを全然知らないので、住んでいるのなら静岡を旅行しとかなくゃね! …
  3. 函館元町の洋館巡りを終えて、ベイエリアへやってきました。 夕方4時も過ぎると日が沈みかけてだい…
  4. キャンピングカー旅はいつも時間に追われず『のんびり』がモットーなんですが今日に限っては例外。午前中の…
  5. 登別の2日目は、あいにくの雨。しかも寒い。 せっかく登別に来たのだからと、前から来てみたかったのぼ…
ページ上部へ戻る